wwwave tech ブログ

株式会社ウェイブのエンジニアブログです。 ここではエンジニアの目線から会社の話や技術的な話をしていきたいと思います。

ウェイブにエンジニアとして新卒入社して

はじめまして!
ウェイブのtechブログを見て頂きありがとうございます^ ^
自分は2017年度、ウェイブエンジニアとして新卒入社したKSです!

今回のブログは「ウェイブにエンジニアとして新卒入社を考えている方にウェイブを知ってもらいたい!」というテーマで、新入社員の目線からウェイブについてご紹介致します!

入社してみないとわからないことだらけだと思いますが、入社を決めた理由や入社してから半年間でどのような経験をしてきたのか少しでもお伝えできればと思います!

※本記事でご紹介する内容については2017年度のため、今後変化するかもしれませんがご了承ください。

入社までの経緯

ウェイブを初めて知ったのは、就活サイトに掲載されていたのを見つけたことがきっかけです。そして、自分は就活で30社以上モノづくり系の会社の説明会に参加しましたが、その中で、以下の4点がウェイブに対して魅力的に感じたところでした。

⑴新しいことへの挑戦
説明会で印象的だったのは、自社運営電子コミックサイトのコミックフェスタという大きな柱がありながらも、新しいことに挑戦していこうとする姿勢でした。ベンチャー企業だから新しいことに挑戦することは当たり前と感じるかもしれませんが、ベンチャー企業でも新しいことに挑戦することを前面に押し出している会社は少なかったです。ウェイブには、新事業提案制度という制度があるので、新しいことに挑戦しようとする姿勢伝わり魅力的でした。

⑵社風
ウェイブに入社する前の段階で、社風が良さそうと感じていました。理由は、イベントデーの存在です。イベントデーとは、定期的開催される社員全員参加型のイベントのことで、幹事が社員から4名ずつローテーションで選出され、企画を行なっております。社風がいいからこそこのようなことができるのだろうと思っていました。

⑶社内勉強会
ウェイブの勉強会は、二週間に一度、エンジニア内で発表者をローテーションして、各々好きなことや興味があることなどを30分で発表する会となっています。業務を通じてエンジニアとしての技術力をつけるだけでなく、与えられた業務以外で新しいことを学べる機会があるといいなと思っていたので、社内勉強会の存在も魅力の一つでした。

⑷服装
ウェイブの服装は私服です。個人的に暑がりなので、夏場に半袖で出勤できるのはめちゃくちゃ魅力的でした。また、業務中はスリッパやクロックスに履き替えることができるので、リラックスして仕事ができそうと思っていました。

次に、実際に入社して、上記の4点に対してどう感じたかご紹介します!

入社して感じたこと

⑴新しいことへの挑戦
ウェイブの開発において、新しいプロジェクトが始まる場合、新しい技術を取り入れようとする姿勢があります。過去に培った技術だけでなく、新しい技術を積極的に取り入れているので、幅広い技術が身につきます。
また、自分の技術力UPや新しいアイデアを探し出すため、業務時間内に外部イベントやセミナーへ参加をすることができます。外部からの刺激を受けることで、新しいアイデアにも繋がると思うので、外部セミナーへの参加がしやすいところはウェイブの魅力だと思います。

⑵社風
社風に関しては、入社してすぐに社員同士の仲がよくて風通しがいいと感じました。また、気さくな先輩が多く、話しかけやすい環境だったので、早く環境に馴染むことができました。「最近調子どう?」などと帰り際に先輩が話しかけてくれたりもしています。社長自ら気さくに話しかけてくれたりもするので、社長との距離感もかなり近いです。また、そこでのちょっとした笑い話などが仕事のモチベーションに繋がります。
イベントデーに関しては、楽しそうと予想していましたが、予想通りかなり楽しいです笑。自分が入社してからは、モンスターハンターのリアル脱出ゲームやビリヤードなどのイベントがありました。このイベントデーを通じて、先輩との距離がかなり縮んだと感じてます。過去のイベントデーの内容などは、イベントデーブログに載っておりますので、ぜひご覧ください!

↓モンスターハンターのリアル脱出ゲームの様子 f:id:sys_wwwave:20171130152432j:plain

さらにウェイブには、Nintendo switchがあり、お昼休みに先輩方とゲームして遊んだりもしています。最近ではマリオカート対戦が白熱しております笑。

⑶社内勉強会
ウェイブの社内勉強会は、自分の知らない内容ばかりでとても勉強になっています。題材に関しては、エンジニアとしての技術力UPに繋がる内容だけではなく、エンジニア向け以外でも為になる内容であれば題材にしてOKとなっております。自分は以前、ダイエット系の内容の発表をしました。ただ、残念なことに、自分が発表したダイエット方法に賛同してくれた人はいませんでした笑。

内容としては以下のような発表がありました。

エンジニア向け
・自社サービスの負荷テストをした結果について
・検索エンジンで上位にする為のSEO対策
・マテリアルデザイン
・Apache Spark MLlib と Python で機械学習

一般向け
・ビットコインとは
・ランサムウェアとは
・いいレベルデザインにするには

⑷服装
改めて私服でよかったと感じてます。リラックスできる服装なので、ストレスなく仕事することができています。また、先輩にはサンダル&短パンで出勤する人もいて、自由度も高いです笑。

次に業務を通じて感じたことをご紹介を致します!

業務について

入社後の業務及び研修

入社してからは主に以下の研修を行いました。

  1. 新人研修(ビジネスマナー、電話&受付対応など)
  2. エンジニア向け技術研修(Ruby on Rails、AWSでインフラ構築など)
  3. Webアプリケーション開発研修(企画から設計、開発、運用まで)

1. 新人研修
ウェイブでは新卒メンバーが一定期間、電話対応や受付対応をすることになっております。他社でエンジニア配属となると、電話対応の経験をする機会がない可能性もありますが、早い時期に社会人としての基本スキルが身につきかなりいい経験となっております。ただ、最初はかなりテンパリました・・・。言葉遣いや営業電話の対応の仕方、話しながら会社名、名前、要件をメモすることになかなか慣れることができませんでした。連日、先輩方からアドバイスを受けてなんとか緊張することなく電話に出ることができるようになりました。

2. エンジニア向け技術研修
技術研修では、プロジェクト配属後に必要となる技術力を身につけました。ウェイブでは、Ruby on Rails(以下、Rails)が必須スキルとなっております。最初に、Railsチュートリアルサイトを参考にRailsアプリを作成しRailsのスキルを磨きました。その後、主にDocker、Reactなどを学びました。学生の方にはあまり馴染みがないかも知れませんが、気になったら調べてみてください!また、インフラ構築研修では、上記の Rails の研修で作成したアプリをサーバー上で動かせるように設定しました。研修前は、「アプリをサーバー上で動かす」と聞いてもピンとこなかったですが、研修を経て理解が深まりました。

3. Webアプリケーション開発研修
Webアプリケーション開発研修では、技術力UP研修で培った技術力を元に、アプリを作成しました。作成するアプリの内容は、本ブログの第2回目の記事、「ウェイブのKPTを紹介します」でも紹介されているKPTAで使用しているアプリの自社オリジナルバージョンです。この研修は、納期を定めて、企画から設計、開発、運用まで通して行いました。しかし、今までの研修で身につけた技術力だけでの作成はできないため、自分で技術調査するところからはじめました。初めて学んだ技術を使用したので、日々、壁の連続でした。そして、エラーを突破したら、また新しいエラーがでて チ───(´・д・`)───ンって感じになっていました笑。ただ、この壁を乗り越える度に成長を実感でき、自信が付くことにも繋がりました。

プロジェクト配属

研修後、自分は1ヶ月間、自社運営アニメ配信サイトのアニメゾーンに配属されました。アニメゾーンで配信しているアニメは、テレビのTokyo MXでも放映されています。そして、エンジニアとしてプロジェクト配属されましたが、毎日パソコンとにらめっこばかりしている訳ではなかったです。企画寄りなミーティングに参加して意見を出す機会も多く、その意見が、1週間後には自社運営サイトサイト内に反映されることもありました。自分の意見が反映されたときは、かなり嬉しかったです。入社したばかりでも意見を出しやすく、内容が良ければすぐに反映されるというのは、ウェイブの魅力の1つだと思います。

また、今は別の新規プロジェクトに配属されております。。。内容は秘密ですが・・・笑。入社してすぐに新規プロジェクトに携わることができるとは思っていなかったので、成長のチャンスだと考えて日々頑張っております。自分の頑張りが結果として現れやすい環境なので、入社したばかりですが責任感があり、やりがいにも繋がっています。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

入社してから半年ですがいろいろな経験ができていると感じています。「月曜日も職場に行きたいと思える環境」なので、楽しい社会人生活が送れています笑。もちろん大変なこともたくさんありますが、自分自身が成長できる環境だと思っています。
少しでもウェイブについて知ってもらえたら幸いです(^ ^)