wwwave'sTechblog |ウェイブのエンジニアブログ

株式会社ウェイブのエンジニアによるテックブログです。会社の話や Ruby、Vue.jsについてなど技術的な話をしていきたいと思います。

ウェイブがRubyKaigi 2019のシルバースポンサーになりました

4月18日〜20日の3日間でRubyKaigi 2019が行われ、ウェイブがシルバースポンサーになったため、yu, nmで参加してきました。 今回はRubyKaigiの雰囲気をお伝えできればと思っています。

RubyKaigi 2019の様子

RubyKaigi 2019は福岡国際会議場で開催されました。

f:id:y-uchida:20190425115533j:plain

会場の入り口に立てられたウェルカムボードは、RubyKaigiのWebサイトと同じデザインで、会場に到着したんだと気持ちが高ぶりました。

f:id:y-uchida:20190425115712j:plain

メインホールのスクリーンにウェイブのロゴが表示されたので、記念に撮っておきました。

f:id:y-uchida:20190425115902j:plain

スポンサーの一覧ボードにウェイブのロゴがあるのをみつけました。

f:id:y-uchida:20190425120213j:plain

RubyKaigiでは、お昼はお弁当がでるし、朝食もでるし、夜も懇親会が無料で開催されており、至れり尽くせりでした。 また、福岡らしく屋台も出ていました。 せっかく福岡まで行ったので、ついでに、もつ鍋も食べに行きました。

f:id:y-uchida:20190425120339j:plain

セッション

肝心のセッションについて、個人的に印象に残った話題はパターンマッチング静的型の導入でした。

パターンマッチング

パターンマッチングが使えると、APIのレスポンス解析がかなり簡潔に書けるようになり、メンテナンス性が上がりそうだなと感じました。決済代行サービスからのレスポンス解析は煩雑になりがちなため、パターンマッチングはよくマッチすると思います。なお、パターンマッチングは今年のクリスマスにリリース予定のRuby 2.7で導入される予定とのことです。

静的型付け

Rubyに静的型を導入するというのも印象に残りました。弊社サービスのフロントエンド環境のリニューアルにおいて、サーバーサイドではRubyを使用しているため、フロントエンドだけ静的型にするとメンバーが困惑するのではないかと考え、TypeScriptを導入しませんでしたが、Rubyにも静的型が導入されるならTypeScriptも再考できそうです。ただ経験上、静的型は初心者が使うとキャストだらけになってしまい無駄に疲弊するので、今のウェイブの規模では動的型の方が適切と考えています。

まとめ

今回RubyKaigiに参加して自分の英語力の足りなさを痛感しました。英語のスライドを理解するのはなんとかなりますが、英語のリスニングに慣れていないため、話していることについていけない時が多々ありました。 また、Rubyのコミュニティにはあまり参加できていないため、これを機にRubyコミュニティへ参加していきたいと思います。

次回のRubyKaigiは、長野のまつもと市民芸術館で開催だそうです。 次回までに英語力を鍛えて、RubyKaigiを完全に理解できるようにしたいと思います。

最後に、福岡空港で食べた美味しかったラーメンです。

f:id:y-uchida:20190426091514j:plain

参考リンク

トップに戻る